岡山のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|岡山編】

男性が本当に望んでいる理想の妻になるためのポイント

男性が結婚相手に望むこととは

婚活に役立つ事となると、どうしても外見を磨くことに特化してしまいがちですよね。
たとえばエステに通う、ジムに通う、そういったことでしょうか。 それも勿論大切。
お手入れが行き届いた女性というのは、それだけで好感を持たれるものです。 でもね、それだけでは加齢とともに衰える外見に怯えなければならないということになってしまいますね。

 

というか。。。男性って女性が思うほど「オバカさん」ではないのです。
彼女や愛人といった立場ならば、換えはいくらでも居るのですからそれもありです。 飾り物と一緒ですからね。 飽きたら替えればいい、気に入らなくなったら捨てればいい。
しかし、コト結婚となるとちゃんと「結婚相手に望むこと」というのが出てきます。 そこにあるのは外見よりも「精神的な内面に対しての望み」というもの。

実際に私が参加した婚活パーティーに参加した時に、婚活が上手くいかないといっている人がいました。彼女は外見ばかり気にして、エステやネイルに通い詰めていました。もっと気にする所は他にあったのだと思います。
それでは「結婚相手に望むこと(男性編)」のランキング、上位5項目を覗いてみましょう。


男の人はパートナーにどんな事を期待している?

■やさしさ

これは「思い遣り」という言葉で置き換えてもいいでしょう。
「痛い?大丈夫?」といった口先だけの言葉で表されるものならば簡単です。
でもそこまで相手もおバカさんではないです。 思ってもいないことを口に出しても失敗しますし、他者との差別化が計り難いものでもありますよね。
始めから優しくない風を露呈する人の方が少なくないですか?
ライバルが多い婚活ですもの。 ライバルだって取り繕ってきますよ。 となれば「内面から滲み出るやさしさ、思い遣り」この演出が大事になります。


■ 家事の能力

勿論家事の分担を女性側は望んでいますし、それを理解している男性も増えてきています。
理解していたとしてもこれが出来ない女性でとみれば男性は「自分の負担が大きくなってしまう!」と危惧するでしょうね。

 

テレビで若い女性に料理を作らせるという番組がよくありますよね。 とんでもないことを為出かすのを、面白おかしく放映するものです。 楽しい番組ですが男性は「こんなの食べさせられたらたまらない。。。」と我が身に置き換えて見ているようですよ。
主婦って、家庭の「管理者」ですものね。 家族の健康管理もそこに当然含まれます。家事の能力は、管理能力。 自分の健康に直結していると男性側も考えますよね。


■ 子育ての能力

家事の能力と連動しますが、これも今では分担を望まれていますよね。
確かに結婚後も女性が外で仕事をする場合も多いですから、分担は当然といえば当然です。 かといってジェンダーがありますから、男性に向いている仕事ではないですよね。
母性を肩代わりは決して出来ない。 父性として子育てに関わって貰うことを望むのが、得策のようです。 「子育てが出来る人かな?母性が育っている人かな?」という目で男性が見ているということですね。 ディンクスで行こう!と望んでいる2人なら別ですが。


■ 仕事、趣味への理解

この2つは、女性がどれほど結婚生活を楽しんでいるかで、案外解決するものです。
満たされていると人に対する不満というものは減ってきますし、表れ方が違います。
自分の主婦という仕事と立場に満足しているか、楽しんでいるかは円満な夫婦関係という相手の持分に依る部分も大きいのは確かです。 それを得るためには、やはり相手を満足させるというのが早道でもありますよね。 大事にされる女性というものは、無二と思わせる女性ということ。 相手にとって掛替えがない人だと認識させることだと思います。

 

男性が本当に望んでいるのは内面の美しさ

面白いもので「結婚相手に対して求めるもの」というのは、大変オーソドックス。 昔から変わらないと言ってもいいですよね。 「ブスは三日でなれる」と宣うなど、まぁなんと乱暴な言い方!と思っていましたが、確かにそうかもしれません。 外見はお手入れでどうにでもなるものです。 でも内面から醸しだされるものは、内面を磨かないと出てきません。 どうも結婚相手に対して男性は「内面」を求めているようですよ。

 

そこで「内面を磨く」「家庭の管理者として役立つ」といった習い事や資格についてもご紹介して行きたいと思います。

 

 

花嫁修業の第一歩はやはり料理教室!

 

>> 岡山でお見合いをお考えの方はこちらを参考に!