岡山のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|岡山編】

日曜大工は男のたしなみ

日曜大工で男らしさを身に着けよう

それこそ男性としては正統派ですが、日曜大工の講座。
もし全く出来ないのであれば、ちょこっと基本だけでも知っておくと頼られますよ。

 

私事でお恥ずかしいのですが、私の父が頭脳プレイヤー丸出し。
まったく大工仕事が出来ない人でした。
棚を作れば物をおいた途端に壁から落ちます。
犬小屋を作れば犬を入れた側から逃げ出される始末。

 

そりゃ経済力はありましたから、それを家族が責めるというのもおかしな話です。
ただ、男なんだから日曜大工はできてほしいです。


うちは娘しか生まれませんでした。
だから、私が結局電気工事も出来て大工仕事も小屋程度なら作れます。
「いやぁ、すまんなぁ」などと言われれば、
内心「ほんと役に立たない男だ」と罵りたくもなりますよ。
娘の私が200Vの電気処理をする後ろで「気をつけろよぉ」などとエールを送られても…。
充分ガッカリです。

 

家を作った友人

友人に「一緒に家をつくろう」とプロポーズした男性がいました。
「君と住む家は設計した。一緒につくって出来上がったときに結婚して欲しい。」
ロマンチックでしょ?

 

本当に丸太の家を自分と、その時は彼女でしたが今では奥さんですね、
この二人で作り上げたのですよ。
友人などのお手伝いも時々来ていましたが。
ど田舎に土地を買っていましたから自由設計。
薪の暖炉も作り付いていました。
薪割りも彼の仕事ですよね。

 

ネット環境さえあれば田舎でも出来る仕事だったということも良かったのですが、
手に覚えがなければ家なんか作れません。
彼女は「嫌なことが起こっても、あのプロポーズや二人でこの家を建てた事を思い出すと『乗り越えよう』って思うから不思議」と言います。
男性が男性にしか出来ない仕事をして、女性は女性にしか出来ない仕事をする。
その基本中の基本がある家は、概ね平穏な夫婦生活を営んでいるように見受けられます。
婚活パーティーでもお互いを補える存在を探してる人が多いのではないのでしょうか。

 

工具というのは便利なもので、必要な場面には誰でも必要と思っているのでしょうね。
それようの便利な工具があるものです。
知ってるのと知らないとでは、
作業の効率や出来上がりの美しさに相当の差が出るものですよ。
工具を巧みに操る手元に興味がある女性はたくさん居ます。
ほら、車をバックするときの仕草が好きだと聞いたことがありませんか?
あの感覚に似ています。

 

日曜大工、今はDIYっていうのでしょうか。
少しカジってみてもいいものですね。

 

お見合いパーティーへ行く前に

 

>>日曜大工で男らしさをアピールするなら、岡山のお見合いパーティーへ