岡山のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|岡山編】

男性をサポートできる資格のフィナンシャルプランナー

結婚後の助けにもなるフィナンシャルプランナー

こんなご時世ですから結婚が決まり寿退社をしたとしても、

ずっと働かないでは居られないという状況も充分考えられますよね。
「手に資格を持っておこう」というのは昔から言われています。
人気が高かったものでは「医療事務」などがありました。
でも「数が増えたなぁ」と感じます。
パートも競争社会ですね。

 

注目されて久しくなったのがフィナンシャルプランナー。
名前自体は随分馴染んできていますが、どんなものかちょっとご説明します。
大まかな言い方では「お金の専門家」というもので相違ないでしょう。
税金や保険、年金などにおいての幅広い知識を要する仕事です。
お金の面から、ライフプランニングをするということですね。
就職の場では、金融業界はもちろん保険業、不動産業などにおいてニーズが高いものです。
資格手当なども考慮する企業は多くなっていますので、

限られた時間で効率よく働くために資格習得は必至。
フィナンシャルプランナーの資格も、そんな資格の一つですね。

 

婚活パーティーなどで男性に

「私はお金の管理ができるから、あなたのサポートにもなるよ」

というアピールポイントにもなります。

 

フィナンシャルプランナーの知識は結婚後の家庭にも役立つ

資格の習得という意味だけではなく、

フィナンシャルプランナーとしての知識は家庭生活でも役立つものです。
家庭って運営なのですよ。
入っていくるお金を管理し、運用しつつ運営しているのが家庭です。
今まで何の疑問も持たずに言われるがままに払っていた年金が、

いきなり問題となった時期がありましたよね。
「さっぱりわからんが、どうも大変なことのようだ。自分にとってどのくらい損なのか?」
その程度の認識で右往左往してしまった人が大半であったのではないでしょうか。
問題をちゃんと理論だてて問題視できるぐらいの知識は持ちたいものです。


私事ですが、先日夫の会社から

「確定拠出年金に変わるので説明会に来るように」と言われ行ってきました。
フィナンシャルプランナーが事細かく説明くださるのですが

「どこが解らないのかすら解らない」という感想の方が多かったですよ。
でも決定ですから、否応なく拠出年金に変わるのです。
「自己責任の範囲」は広まったということですね。
運用などという言葉と無縁に暮らしてきた私のような一般家庭に、

運用というものが入り込んできたということです。
家庭って小さいながらも組織。
そのように考えれば、運営していくものなのだと痛感します。
主婦の方に掛かってくるものって、案外重いですね。


お金に対する知識を持つことは、家庭の管理者として大事なことです。
中でも保険の知識などは、結婚した途端に必要なものになりますよ。

お見合いパーティーなどで仲良くなった男性から

相談されるなどということもキッカケとして保険はよくあることです。

 

頼りがいのある男になるための語学学習

 

>>婚活パーティーで男性をサポートできるとアピールしたいなら