岡山のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|岡山編】

色彩で男性を魅了するカラーコーディネイト

カラーコーディネイトで魅力をアップ!婚活に役立てよう

カラーコーディネーターと何が違うのか、

その線引きが明確でないと思っておられる方も多いカラーアナリスト。
これはカラーコーディネイトに加え、

その個人を意識したものというのがカラーアナリストの定義のようです。


どのような色を組み合わせれば、その人の魅力を最大限に引き出せるか

専門性を持って科学的にアドバイスすることを、パーソナルカラー診断といいます。
この診断を行ったりその指導者が、カラーアナリストと呼ばれている様子。
女性の繊細な感覚を、活かせるものでもありますよね。

男性って的確なアドバイスをする女性を好む傾向にありますよね。
それに自分の良さを引き出せないでいる男性も多いものです。
色というのは、そこに重要な役目を持っています。
それとなく色のアドバイスが出来るというのも、婚活の場でステキと思わせる一つです。
年々職場でのニーズが増えている資格の一つでもありますから、

結婚後の効率的な職活にも生かせますよね

 


カラーコーディネイトは結婚後の普段の生活にも役立つ

カラーセラピストの知識も、毎日の生活に役立つものです。
色の組み合わせで、その時にあった癒しを提供するというものですね。
ちょっとスピリチュアルな雰囲気もありますので、

口に出すのには抵抗感がある人もおられるとは思います。
でも、現在の心境や深層心理を垣間見るということでは、とても有効な手段のようです。
オーラソーマやカラーパンクチャーが、そのカラーセラピーでは有名ですね。
オーラソーマはイギリスの女性薬剤師が確立。
カラーパンクチャーはドイツの男性鍼灸師が確立したものです。
選択する色の組み合わせはその人の深層心理や

現在置かれている精神状態を顕著に表すようですね。
そして必要とされている癒しを知った上で、カウンセリングするのだそうです。

 

カラーセラピストの知識を身につけていた妻が、

夫の浮気を感じ取ったということがありました。


妻が色の話をすることは、結婚当初から習慣化していたことでした。
浮気に対して若干の疑いがあったものの、確信はしていなかったとのこと。
しかしその日に夫が選んだ色の組みわせには、心の乱れと苦悩が現れていました。
おおらかな妻でしたから浮気も確信がないうちは責め立てないつもりでいたのですが、

どうも夫は苦しんでいる様子。
のっぴきならない泥沼にハマっているならば、救ってあげたいと考えました。
そして優しく言葉を交わしているうちに、

夫自身から浮気のことへ赦しを乞う言葉が出てきたのだそうです。

また、夫が会社で置かれている立場に気がついたという女性もいました。
家の模様替えを話題にしていたときに、

カーテンやインテリアの色の話をしていたらしいのですが「おかしい」と直感したと。
そしてそれとなくオーラソーマのボトルの色の組み合わせを選ばせたそうです。
その妻の助言もあり、今では夫は会社から独立。
のびのびと才能を活かす仕事についています。

男性は悩みを、なかなか口に出さないものです。
察知してあげるというのは、女性が持っている癒しの能力かも知れませんよ。
それを形にするのが、このような「色に関する学びごと」ともいえましょう。
婚活の場では「この人どんな人かな?」と知る材料にもなりますよね。
だって人って、口ではいいことしか言いませんもの。

 

香で素敵な印象に!アロマテラピー

 

>>円満な家庭のための相手探しをするなら